業績

2015年度

年度別業績一覧

学術論文[和文]

  1. ①総説又は症例解説
    1. 1) 磯部泰司. TおよびNK細胞リンパ腫の diagnostic clues. 血液内科, 2015;70(5):569-574.
    2. 2) 三浦偉久男. リンパ腫の検査・診断 リンパ節生検 染色体検査(分染法, G染色). 日本臨牀, 2015;73(8):326-330
    3. 3) 磯部泰司. リンパ節腫脹へのアプローチ 不必要な生検を避け、迅速に治療介入するために. Hospitalisut, 2015;3(4):875-882
  2. ②症例報告
    1. 1) 藤井総一郎, 三浦偉久男, 田中英夫. チロシンキナーゼ阻害剤による細胞遺伝学的部分寛解期にPh陰性急性骨髄性白血病を発症した minor-BCR/ABL 陽性慢性骨髄性白血病. 臨床血液, 2015;56(6):681-686.
  3. ③その他
    1. 1) 磯部泰司. EBV特異的な細胞傷害性T細胞によるEBV関連移植後リンパ増殖症の治療. 血液内科, 2015;71(3):385-391.
    2. 2) 磯部泰司. フロー・サイトメトリーによるマーカー解析・染色体分析をどう読む?. 月刊レジデント, 2015;8(11):47-64.
    3. 3) 三浦偉久男. リンパ節腫大の鑑別診断と治療法の選択. 日本内科学会雑誌, 2016;105(3):505-510.

学術論文[英文]

  1. ①原著
    1. 1) Kato M, Uemura Y, Sato K, Tsuruoka Y Yokoi S, Nishio Y, Saito T, Matsunawa M, Suzuki Y, Isobe Y, Sakai H, Inoue Y, Hoshikawa M, Nakamura N Takahashi M, Miura I.. Spontaneous remission in a patient with follicular lymphoma carrying T cell-rich neoplastic follicles and a new complex variant translocation of t(14;18); t(5;14;18)(p15;q32;q21.3). Leukemia & lymphoma, 2015;56(7):2187-2189
    2. 2) Yokoi S, Sakai H, Uchida A, Uemura Y, Sato K, Tsuruoka Y, Nishio Y, Matsunawa M, Suzuki Y, Isobe Y, Kato M, Inoue Y, Hoshikawa M, Miura I.. Cytogenetic study and analysis of protein expression in plasma cell myeloma with t(11;14)(q13;q32): absence of BCL6 and SOX11, and infrequent expression of CD20 and PAX5. Journal of Clinical and Experimental Hematopathology, 2015;55(3):137-143.
  2. ②症例報告
    1. 1) Takemura H, Ohno H, Miura I, Takagi T, Ohyanagi T, Kunishima H, Okawara A, Miyazaki Y, Nakashima H.. The First reported case of central venous catheter-related fungemia caused by Cryptococcus liquefaciens. Journal of Infection and Chemotherapy, 2015;21(5):392-394.

学会発表

  1. ①国内学会
    1. 1) ◎三浦偉久男. リンパ節腫大の鑑別診断と治療法の選択. 平成27年度日本内科学会生涯教育講演会, 2015.
    2. 2) ◎磯部泰司, 内田晶子, 上村 悠, 西尾有司, 松縄 学, 酒井広隆, 加藤雅之, 井上靖之, 三浦偉久男. 初発時からMYC増を伴ったdouble-hit lymphoma. 第55回日本リンパ網内系学会総会, 2015.
    3. 3) ◎磯部泰司. 慢性リンパ性白血病治療の最前線. 第77回日本血液学会学術集会コーポレートセミナー, 2015.
    4. 4) ◎加藤雅之, 横井 聡, 内田晶子, 上村 悠, 佐藤和之, 鶴岡由佳, 西尾有司, 松縄 学, 齋藤 輔, 鈴木義則, 磯部泰司, 酒井広隆, 干川晶弘, 井上靖之, 三浦偉久男. 精索のCD5陽性低悪性度B細胞リンパ腫と腸管症関連T細胞リンパ腫で発症した1例. 第77回日本血液学会学術集会, 2015.
    5. 5) ◎村上万里子, 方波見卓行, 浅井志高, 石井聡, 西根亜実, 村山桂, 瀧本円, 田中逸. 集学的治療開始7年後にMDSを併発した悪性褐色細胞腫の1例. 第25回臨床内分泌代謝Update, 2015.
    6. 6) ◎鶴岡由佳, 酒井広隆, 内田晶子, 上村 悠, 佐藤和之, 横井 聡, 西尾有司, 松縄 学, 鈴木義則, 磯部泰司, 加藤雅之, 井上靖之, 三浦偉久男. 21q22/RUNX1 の新規単純変異転座 t(3;21) (q13;q22) を伴う急性骨髄性白血病. 第4回 日本血液学会関東甲信越地方会, 2016.
    7. 7) ◎Yu Uemura, Yasushi Isobe, Akiko Uchida, Kazuyuki Sato, Satoshi Yokoi, Yuji Nishio, Manabu Matsunawa, Hirotaka Sakai, Ikuo Miura. A challenging problem in the diagnosis of extranodal NK/T -cell lymphoma, nasal type (ENKL). 第77回日本血液学会学術集会, 2015.
    8. 8) ◎Yasuyuki Inoue, Tasuku Saito, Satoshi Yokoi, Kazuyuki Sato, Yuka Tsuruoka, Yu Uemura, Yuji Nishio, Manabu Matsunawa, Yoshinori Suzuki, Yasushi Isobe, Hirotaka Sakai, Masayuki Kato, Junki Koike, Ikuo Miura. Prognostic impact of histologically proven iron overload of hepatic GVHD in late after allo HSCT. 第77回日本血液学会学術集会, 2015.
    9. 9) ◎Manabu Matsunawa, Yasushi Isobe, Yoshinori Ito, Yu Uemura, Akiko Uchida, Yuji Nishio, Hirotaka Sakai, Masayuki Kato, Hiroshi Kimura, Ikuo Miura. Epstein-Barr virus-associated hemophagocytic syndrome (EBVAHS): are two cases the same disease?. 第77回日本血液学会学術集会, 2015.
    10. 10) ◎Yuichi Horigome, Koji Miyazaki, Maki Hagihara, Shin Fujisawa, Reina Watanabe, Hiroyuki Takahashi,Rika Sakai, Shigeki Motomura, Etsuko Yamazaki, Naoto Tomita, Fumiaki Sano, Madoka Takimoto, Ikuo Miura, Eri Tanaka, Koh Yamamoto, ken Ohmachi, Ando Kiyoshi. Phase Ⅱ study of BR treatment for relapsed or refractory follicular lymphoma - a final report -. 第77回日本血液学会学術集会, 2015.
  2. ②その他
    1. 1) ◎磯部泰司. 低悪性度B細胞リンパ腫の治療. Lymphoma Forum, 2015.
    2. 2) ◎松縄 学. histone modification (MLL2,CREBBP,EP300,EZH2). 第2回 Tsurui Lymphoma Workshop 若手医師のためのリンパ腫 A to Z, 2015.
    3. 3) ◎上村 悠. bispecific antibody. 第2回 Tsurui Lymphoma Workshop 若手医師のためのリンパ腫 A to Z, 2015.
    4. 4) ◎三浦偉久男. 骨髄系腫瘍の染色体異常と染色体検査報告書の読解法. 第6回東京骨髄病理研究会, 2015.
    5. 5) ◎鶴岡由佳, 酒井広隆, 内田晶子, 上村 悠, 佐藤和之, 横井 聡, 西尾有司, 松縄 学, 鈴木義則, 礒部泰司, 加藤雅之, 井上靖之, 三浦偉久男. 21q22/RUNX1の新規単純変異転座 t(3;21)(q13;q22)を伴う急性骨髄性白血病. 第72回神奈川血液研究会, 2015.
    6. 6) ◎三浦偉久男. 染色体転座と分子標的治療. 腫瘍学基盤先端セミナー, 2015.
    7. 7) ◎上村 悠. 胃DLBCLの一例. 第33回神奈川若手血液研究会, 2015.
    8. 8) ◎磯部泰司. EBウイルスとリンパ増殖性疾患. Hematology Forum 2015, 2015.
    9. 9) ◎内田晶子. HCV関連 indolent B-cell lymphoma. 第20回JINMLスライドカンファレンス, 2015.
    10. 10) ◎井上靖之. 鉄沈着を伴う晩期肝GVHDの臨床的特徴. 第17回神奈川血液・免疫フォーラム, 2015.
    11. 11) ◎佐藤和之, 酒井広隆, 内田晶子, 上村 悠, 鶴岡由佳, 横井 聡, 西尾有司, 松縄 学, 鈴木義則, 磯部泰司, 加藤雅之, 井上靖之, 三浦偉久男. 3q26.2/Evi1 の単純変異転座 t(3;8)(q26.2;q24) を伴う急性骨髄性白血病. 第73回神奈川血液研究会, 2016.
    12. 12) ◎内田晶子, 佐藤和之, 横井 聡, 瀧本 円, 佐野文明, 三浦偉久男. 骨髄異形成症候群の臍帯血移植後に合併した難治性免疫性血小板減少性紫斑病に対しリツキシマブが奏効した1例. 第73回神奈川血液研究会, 2016.
    13. 13) ◎三浦偉久男. 造血器腫瘍の染色体異常. 第19回日本病理学会中部支部スライドセミナー, 2016.
    14. 14) ◎三浦偉久男. 染色体検査結果の読解法. 第33回兵庫県中部血液研究会, 2016.
    15. 15) ◎三浦偉久男. 多発性骨髄腫・ホジキンリンパ腫治療薬のこれから. Kanagawa Frontier Hematology Forum, 2016.
和文 英文
著書
論文 原著 2
解説又は総説 3
症例報告 1 1
その他 3
学会発表 国内学会 6 4
国際学会
その他 15