業績

2014年度

年度別業績一覧

著書

  1. 1) 磯部泰司, 佐々木 純, 塚田信弘. リンパ系腫瘍診療ハンドブック 2014;(1):1-216, 284-339.

学術論文[和文]

  1. ①総説又は症例解説
    1. 1) 酒井広隆, 三浦偉久男. Acute Myeloid Leukemia with Cup-like Nuclei 陥入核急性骨髄性白血病ー核に深い陥入を持つ急性骨髄性白血病ー. 日本検査血液学会雑誌, 2015;16(1):11-19.
  2. ②その他
    1. 1) 三浦偉久男. 特殊なびまん性大細胞型リンパ腫と中間型リンパ腫【中間型リンパ腫(double-hit lymphoma)】染色体転座と生物学的意義. 日本リンパ網内系学会会誌, 2014;54:79.

学術論文[英文]

  1. ①原著
    1. 1) Inoue Y, Saito T, Ogawa K, Nishio Y, Kosugi S, Suzuki Y, Kato M, Sakai H, Takahashi M, Miura I. Pharmacokinetics of cyclosporine a conversion from twice-daily infusion to oral administration in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. American journal of therapeutics, 2014;21(5):377-384.
    2. 2) Ichiro Murakami, Jean Gogusev, Francis Jaubert, Michiko Matsushita, Kazuhiko Hayashi, Ikuo Miura, Takehiro Tanaka, Takashi Oka, Tadashi Yoshino. Establishment of a Langerhans cell histiocytosis lesion cell line with dermal dendritic cell characteristics. Oncology reports, 2014;33:171-178.
  2. ②症例報告
    1. 1) Sato K, Sakai H, Kato M, Nishio Y, Tsuruoka Y, Uemura Y, Yokoi S, Saito T, Matsunawa M, Suzuki Y, Isobe Y, Inoue Y, Takahashi M, Miura I.. PAX5-positive plasma cell myeloma with t(9;14;11)(p13;q32;q13), a novel complex variant translocation of t(11;14)(q13;q32) and t(9;14)(q13;q32). International Journal of Hematology, 2015;101(6):608-611.
    2. 2) Narita T, Inagaki A, Kobayashi T, Kuroda Y, Fukushima T, Nezu M, Fuchida S, Sakai H, Sekiguchi N, Sugiura I, Maeda Y, Takamatsu H, Tsukamoto N, Maruyama D, Kubota Y, Kojima M, Sunami K, Ono T, Ri M, Tobinai K, Iida S. t(14;16)-positive multiple myeloma shows negativity for CD56 expression and unfavorable outcome even in the era of novel drugs. Blood Cancer Journal, 2015;:doi:10.1038-bcj.2015.6.
  3. ③その他
    1. 1) Saito T, Inoue Y, Sato K, Tsuruoka Y, Shigefuku R, Ikeda H, Okuse C, Takahashi M, Miura I. Imorovement of high serum levels of biomarkers of endothelial injury after allogeneic hematopoietic SCT with pre-existing severe hepatitis using recombinant human soluble thrombomodulin. Bone marrow transplantation, 2014;49(11):1444-1445.

学会発表

  1. ①国内学会
    1. 1) ◎重福隆太, 井上靖之, 齊藤 輔, 野口陽平, 初谷守朗, 池田裕喜, 松永光太郎, 松本伸行, 奥瀬千晃, 鈴木通博, 伊東文生. 原因不明の急性肝炎中に発症し、骨髄移植にて救命しえた最重症再生不良性貧血の1例. 日本消化器病学会関東支部第329回例会, 2014.
    2. 2) ◎井本清美, 髙橋儀行, 山崎法子, 桑原奈美枝, 大谷政樹, 新居登紀子, 山崎 哲,干川晶弘, 髙橋正知, 三浦偉久男. 芽球形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN)と診断された2症例. 第15回日本検査血液学会, 2014.
    3. 3) ◎黒屋紗也香, 冨永直人, 今井直彦, 井上靖之, 山崎宜興, 白井小百合, 柴垣有吾, 木村健二郎. 治療経過中に非ホジキンリンパ腫を合併したループス腎炎の一例. 第44回日本腎臓学会東部学術大会, 2014.
    4. 4) ◎中野弘康, 松尾康正, 吉田良仁, 佐藤義典, 小澤俊一郎, 石郷岡晋也, 山下真幸, 細谷浩介, 安田 宏, 松縄 学, 西尾有司, 藤野 節, 高木正之, 宮崎郁子, 青木貴哉, 伊東文生. 胃のSMT様隆起が診断の契機となったAL型アミロイドーシス合併多発性骨髄腫の1例. 第99回日本消化器内視鏡学会関東地方会, 2014.
    5. 5) ◎岩田鉄平, 民上真也, 山内卓, 佐治攻, 佐々木奈津子, 松下恒久, 榎本武治, 井上靖之, 干川昌弘, 福永哲, 大坪毅人. 消化管穿孔にて発症し腹腔鏡補助下に切除した回腸悪性リンパ腫の1例. 聖マリアンナ医科大学医学会第68回学術集会, 2014.
    6. 6) ◎岩田鉄平, 民上真也, 山内卓, 佐治攻, 佐々木奈津子, 松下恒久, 榎本武治, 井上靖之, 干川昌弘, 福永哲, 大坪毅人. 消化管穿孔にて発症し腹腔鏡補助下に切除した回腸悪性リンパ腫の1例. 第141回神奈川県臨床外科医学会集談会, 2014.
    7. 7) ◎磯部泰司. 慢性リンパ腫白血病治療の最前線ー本邦に置ける診断と治療の課題と将来展望ー. 第37回日本造血細胞移植学会総会イブニングセミナー, 2015.
    8. 8) ◎齋藤 輔, 井上靖之, 佐藤和之, 鶴岡由佳, 重福隆太, 池田裕喜, 奥瀬千晃, 髙橋正知, 三浦偉久男. 組み換え型トロンボモジュリンを用いて血管内皮障害関連の改善とSOSを予防し得た重症肝炎後再生不良性貧血. 第37回日本造血細胞移植学会総会, 2015.
    9. 9) ◎上村 悠, 齋藤 輔, 瀧本 円, 佐野文明, 西島千絵, 田村みどり, 三浦偉久男. 妊娠中に化学療法を施行した非ホジキンリンパ腫の1例. 第613回日本内科学会関東地方会, 2015.
    10. 10) ◎内田晶子, 磯部泰司, 上村 悠, 西尾有司, 酒井広隆, 加藤雅之, 井上靖之, 高橋正知, 三浦偉久男. 急性リンパ性白血病として発症しMYC増幅を伴ったdouble-hit lymphoma. 第2回日本血液学会関東甲信越地方会, 2015.
    11. 11) ◎佐藤和之, 酒井広隆, 加藤雅之, 西尾有司, 鶴岡由佳, 上村 悠, 横井 聡, 齋藤 輔, 松縄 学, 鈴木義則, 磯部泰司, 井上靖之, 高橋正知, 三浦偉久男. 新規複雑変異転座t(9;14;11)(p13;q32;q13)を伴ったPAX5陽性形質細胞性骨髄腫. 第2回日本血液学会関東甲信越地方会, 2015.
    12. 12) ◎Fumiaki Sano, Kazuyuki Sato, Satoshi Yokoi, Kohei Ogawa, Madoka Takimoto, Ikuo Miura. Co-existence of pseudo-Chediak-Higashi anomaly and double minute chromosomes in a patient with AML. 第76回日本血液学会学術集会, 2014.
    13. 13) ◎Maki Hagihara, Shin Fujisawa, Reina Watanabe, Hiroyuki Takahashi, Rika Sakai, Shigeki Motomura, Etsuko Yamazaki, Naoto Tomita, Fumiaki Sano, Madoka Takimoto, Ikuo Miura, Koji Miyazaki, Eri Tanaka, Koh Yamamoto, Ken Ohmachi, Kiyoshi Ando. Phase 2 study of bendamustine plus rituximab for relapsed or refractory follicular lymphoma. 第76回日本血液学会学術集会, 2014.
    14. 14) ◎Masayuki Kato, Yu Uemura, Kazuyuki Sato, Yuka Tsuruoka, Satoshi Yokoi, Yuji Nishio, Tasuku Saito, Manabu Matsunawa, Yoshinori Suzuki, Hirotaka Sakai, Yasuyuki Inoue, Masahiro Hoshikawa, Naoya Nakamura, Masatomo Takahashi, Ikuo Miura. A follicular lymphoma with T-cell rich follicles and a new variant translocation;t(5;14;18). 第76回日本血液学会学術集会, 2014.
    15. 15) ◎Nozomi Niitsu, Naoki Takahashi, Mike Khori, Jun Sakai, Norio Asou, Jun-Ichi Tamaru, Naoya Nakamura, Ikuo Miura. Clinicopathological features and prognosis of BCLU with t(14;18) and 8q24 translocation. 第76回日本血液学会学術集会, 2014.
  2. ②国際学会
    1. 1) ◎Miwa Adachi, Akihiro Takeshita, Tomohiko Taki, Shigeki Ohtake, Katsuji Shinagawa, Hitoshi Kiyoi, Mitsuhiro Matsuda, Masatomo Takahashi, Nobuhiko Emi, Yukio Kobayashi, Koichi Miyamura, Hiroyuki Fujita, Toru Sakura, Masako Iwanaga, Noriko Usui, Shuichi Miyawaki, Norio Asou, Kazunori Ohnishi, Yasushi Miyazaki, Tomoki Naoe. Prognostic Impact of Chromosomal Variation in Patients with Acute Promyelocytic Leukemia (APL);Analysis of 775 Cases Enrolled in the Japan Adult Leukemia Study Group APL Studies. 56th ASH Annual Meeting and Exposition, 2014.
  3. ③その他
    1. 1) ◎上村 悠, 磯部泰司, 佐藤和之, 西尾有司, 松縄 学, 酒井広隆, 横井 聡, 齋藤 輔, 加藤雅之, 井上靖之, 髙橋正知, 三浦偉久男. T細胞型顆粒リンパ球増多症による pure white cell aplasia には anti-thymocyte globulin 併用の免疫抑制療法が奏効する. 第70回神奈川血液研究会, 2014.
    2. 2) ◎佐野文明, 佐藤和之, 齋藤 輔, 瀧本 円, 相田芳夫, 三浦偉久男. 骨髄異形成症候群における非感染性肺合併症の臨床的検討. 第70回神奈川血液研究会, 2014.
    3. 3) ◎井上靖之. 聖マリアンナ医科大学血液内科の移植関連合併症対策. Hematology Forum2014, 2014.
    4. 4) ◎井上靖之. 血液悪性腫瘍患者の発熱性好中球減少症に対する抗真菌剤投与法について~当院血液内科におけるカスポファンギンの使用経験. 神奈川深在性真菌症研究会, 2014.
    5. 5) ◎松縄 学. 全身性ALアミロイドーシスを合併した多発性骨髄腫. 第31回神奈川若手血液研究会, 2014.
    6. 6) ◎三浦偉久男. 染色体検査結果の解釈法. 九州地区卒後教育セミナー・第27回博多シンポジウム「Morphology フォーラム」, 2014.
    7. 7) ◎松縄 学, 山本 玲, 真田 昌, 大津 真, 中内啓光, 小川誠司. Sf3b1ハプロ不全は造血幹細胞の機能障害を引き起こすが骨髄異形成を生じない. 第16回神奈川血液・免疫フォーラム, 2014.
    8. 8) ◎磯部泰司. 慢性リンパ性白血病 今後の展望. CLL Interactive Web Conference, 2014.
    9. 9) ◎三浦偉久男. リンパ腫の染色体異常. 第24回奈良悪性リンパ腫談話会, 2015.
    10. 10) ◎西尾有司, 上村 悠, 佐藤和之, 鶴岡由佳, 横井 聡, 松縄 学, 鈴木義則, 磯部泰司, 酒井広隆, 加藤雅之, 井上靖之, 髙橋正知, 三浦偉久男. 3q27/EVI1の新規単純変異転座t(3;5)(3q26.2;q15)を伴う急性骨髄性白血病の一例. 第71回神奈川血液研究会, 2015.
和文 英文
著書 1
論文 原著 2
解説又は総説 1
症例報告 2
その他 1 1
学会発表 国内学会 11 4
国際学会 1
その他 10