業績

2023年度

年度別業績一覧

学術論文[英文]

  1. ①原著
    1. 1) Osada N, Kikuchi J, Iha H, Yasui H, Ikeda S, Takahashi N, Furukawa Y. c-FOS is an integral component of the IKZF1 transactivator complex and mediates lenalidomide resistance in multiple myeloma Clin Transl Med. 2023 Aug;13(8):e1364. doi: 10.1002/ctm2.1364.
    2. 2) Nishio M, Saito M, Yoshimori M, Kumaki Y, Ohashi A, Susaki E, Yonese I, Sawada M and Arai A (2024) Clinical significance of anti-Epstein–Barr virus antibodies in systemic chronic active Epstein–Barr virus disease. Front. Microbiol. 14:1320292. doi: 10.3389/fmicb.2023.1320292
  1. ②総説又は症例解説
    1. 1) Uemura Y, Oshima K, Fuseya A, Hosokai A, Ohashi A, Kanno M, Arai A. Aortitis after administration of pegfilgrastim to a healthy donor for peripheral blood stem cell collection. Int J Hematol. 2023 Aug 14. doi: 10.1007/s12185-023-03649-0. Epub ahead of print. PMID: 37578593.
    2. 2) Yotsuyanagi T, Tomita N, Saiki Y, Uchida A, Uemura Y, Suzuki Y, Hirakawa T, Kato M, Nakamura N, Arai A. Leukemic-phase mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma. Int J Hematol. 2023 Sep 12. doi: 10.1007/s12185-023-03654-3. Epub ahead of print. PMID: 37700187.

学術論文[和文]

  1. ①総説又は症例解説
    1. 1) 新井文子, EBV陽性リンパ増殖性疾患の診断と管理, 臨床血液, 2023, 64(8); 764-771, doi: https://doi.org/10.11406/rinketsu.64.764

著書

    1. 1) 安井寛. 1. 多発性骨髄腫の病態解明研究の進歩 特集「多発性骨髄腫診療の現状と新たな治療への期待」. 血液内科, 科学評論社, 2023年5月; 86(5), 591-595
    2. 2) 安井寛, 今井浩三. フェリチン/CA19-9/CA15-3/CA125/ヒトパピローマウイルスDNA. 臨床検査データブック コンパクト版 第12版. 髙久史麿監, 黒川清・春日雅人・北村聖・大西宏明編, 医学書院, 2023年10月
    3. 3) 新井文子. Epstein-Barrウイルスと血液疾患:最近の話題を中心に. 血液内科, 87(6): 638-643. 科学評論社, 2023年12月
    4. 4) 上村悠, 新井文子. Epstein-Barr ウイルス関連血球貪食症候群. 日本臨牀別冊 血液症候群(第3版)IV. 日本臨牀社, 2024年. 448-452
    5. 5) 伏屋愛加, 新井文子. 悪性腫瘍関連血球貪食性リンパ組織球症. 日本臨牀別冊 血液症候群(第3版)IV. 日本臨牀社, 2024年. 453-457

学会発表

  1. ①国際学会
    1. 1) Yu Uemura, Ayako Arai. Advances in pathophysiology and treatment of chronic active Epstein-Barr virus disease. The 24th International Conference on Emerging Infectious Diseases in the Pacific Rim of the U.S.-Japan Cooperative Medical Sciences Program(第24回汎太平洋新興・再興感染症国際会議), 2024年3月7日(口頭)
    2. 2) Ayako Arai. Chronic active EBV disease: Our challenge to elucidate the pathogenesis. The 2024 Korean Society of Hematology (KSH) International Conference & 65th Annual Meeting (ICKSH 2024), 2024年3月28日(口頭)
  2. ②国内学会
    1. 1) 松田迪, 佐藤如雄, 伊藤伸悟, 金光陽子, 出雲昌樹, 石橋祐記, 田邉康宏, 駒ヶ嶺正英, 縄田寛, 宮入剛, 大島久美, 佐野文明, 新井文子, 原田智雄, 明石嘉浩. 高度三尖弁狭窄様の血行動態を示した心臓原発Burkittリンパ腫の一例. 日本心エコー図学会第34回学術集会. 2023年4月22日(口頭)
    2. 2) 四栁敬之, 大島久美, 鈴木黎, 松田迪, 伊藤伸悟, 上村悠, 佐野文明, 加藤雅之, 富田直人, 新井文子. 著名な三尖弁狭窄症様症状で発症した右心房原発高悪性度B細胞リンパ腫. 第686回日本内科学会関東地方会, 2023年5月20日(口頭)
    3. 3) 洲﨑瑛莉, 吉森真由美, 齊藤美緑, 福田笑夏, 大橋彩香, 西尾美和子, 新井文子. EBウイルス陽性T/NK腫瘍細胞由来細胞外小胞の単球に対する役割. 第36回ヘルペスウイルス研究会, 2023年7月7日(口頭)
    4. 4) 新井文子. 血球貪食症候群~背景疾患を見極める~. 日本内科学会第68回関東支部生涯教育講演会, 2023年7月9日(口頭)
    5. 5) 小川和起, 大島久美, 鈴木黎, 内田三四郎, 上村悠, 安井寛, 鈴木義則, 神野正敏, 加藤雅之, 佐野文明, 富田直人, 渡邉俊樹, 新井文子. 骨病変で発症した成人T細胞白血病・リンパ腫. 第19回日本血液学会関東甲信越地方会. 2023年7月15日(口頭)
    6. 6) 伏屋愛加, 上村悠, 鈴木黎, 内田三四郎, 鈴木義則, 安井寛, 加藤雅之, 大島久美, 佐野文明, 富田直人, 新井文子. BCR-ABL1陽性急性骨髄性白血病を発症した骨髄異形成症候群. 第19回日本血液学会関東甲信越地方会. 2023年7月15日(口頭)
    7. 7) 新井文子. 慢性活動性Epstein-Barr Virus病. 第27回日本神経感染症学会総会・学術大会. 2023年10月13日(口頭)
    8. 8) 大島久美, 佐野文明, 大橋彩香, 宮部斉重, 伏屋愛加, 鈴木黎, 上村悠, 辻村浩司, 清水則夫, 今留謙一, 新井文子. 慢性活動性EBウイルス病に対するアレムツズマブ の有効性の検証. 第85回日本血液学会学術集会. 2023年10月15日(口頭)
    9. 9) 洲﨑瑛莉, 吉森真由美, 齊藤美緑, 福田笑夏, 大橋彩香, 西尾美和子, 新井文子. CAEBVのEBV感染細胞由来細胞外小胞は単球のマクロファージへの分化を誘導しHLHの原因となる. 第85回日本血液学会学術集会. 2023年10月15日(口頭)
    10. 10) 新井文子. 慢性活動性Epstein-Barrウイルス病(CAEBV)~患者さんと共に歩む疾患克服への道~. 第9回日本HTLV-1学会学術集会 2023年世界HTLVデー記念講演会. 2023年11月12日(口頭)
    11. 11) 新井文子. 慢性活動性Epstein-Barr virus病:炎症と腫瘍2つの顔を持つ疾患, 第87回日本皮膚科学会東京支部学術大会 . 2023年11月18日(口頭)
    12. 12) 富田直人, 鈴木黎, 伏屋愛加, 上村悠, 鈴木義則, 加藤雅之, 大島久美, 佐野文明, 中村直哉, 新井文子. Rituximab 単剤療法が奏効した中枢神経原発low-grade B-cell lymphoma. 第20回日本血液学会関東甲信越地方会, 2024年3月9日(口頭)
    13. 13) 上村悠, 石綿一哉, 藤川尚子, 山口享, 景山康生, 和氣敦. 手掌軟部腫瘤切除術で偶発的に診断された血管内大細胞型B細胞リンパ腫. 第20回日本血液学会関東甲信越地方会, 2024年3月9日(口頭)
    14. 14) 鈴木黎, 小杉成樹, 井上靖之. 自家移植後再発リンパ腫に対しpolatuzumab vedtinを含む 治療後同種移植を施行し得た1例. 第20回日本血液学会関東甲信越地方会, 2024年3月9日(口頭)