業績

2022年度

年度別業績一覧

学術論文[英文]

  1. ①原著
    1. 1) Ohashi Ayaka, Uemura Yu, Yoshimori Mayumi, Wada Naomi, Imadome Ken-Ichi, Yudo Kazuo, Koyama Takatoshi, Shimizu Norio, Nishio Miwako, Arai Ayako. The Plasma Level of Interleukin-1β Can Be a Biomarker of Angiopathy in Systemic Chronic Active Epstein–Barr Virus Infection. Front Microbiol: 13. April 6, 2022. doi: 10.3389/fmicb.2022.874998
    2. 2) Yamamoto M, Sato M, Onishi Y, Sasahara Y, Sano H, Masuko M, Nakamae H, Matsuoka KI, Ara T, Washio K, Onizuka M, Watanabe K, Takahashi Y, Hirakawa T, Nishio M, Sakashita C, Kobayashi T, Sawada A, Ichinohe T, Fukuda T, Hashii Y, Atsuta Y, Arai A. Registry data analysis of hematopoietic stem cell transplantation on systemic chronic active Epstein-Barr virus infection patients in Japan. Am J Hematol. 2022 Jun 1;97(6):780-790. doi: 10.1002/ajh.26544.
    3. 3) Uemura Y, Ohashi A, Yoshimori M, Nishio M, Hirakawa T, Shimizu N, Wada N, Imadome K-I and Arai A (2022) Plasma interferon-γ concentration: a potential biomarker of disease activity of systemic chronic active Epstein-Barr virus infection. Front. Virol. 2:999929. doi: 10.3389/fviro.2022.999929

学会発表

  1. ①国内学会
    1. 1) 木戸 礼乃, 齊木 祐輔, 内田 晶子, 上村 悠, 平川 経晃, 加藤 雅之, 富田 直人, 山本 浩平, 今留謙一, 新井 文子. 発熱、肝障害、進行する皮膚病変を認めた全身型慢性活動性EBウイルス感染症に対するJAK1/2阻害剤ルキソリチニブ治療. 第16回日本血液学会関東甲信越地方会. 2022年3月19日(口頭)
    2. 2) 近藤千雅, 八木麻衣子, 笠原酉介, 塩尻智恵子, 佐野文明. 複数回入院し化学療法を行った造血器腫瘍患者の身体機能およびQOLの経過. 第27回日本緩和医療学会学術大会. 2022年7月1日(ポスター)
    3. 3) 尚原弘和、内田晶子、斎木祐輔、上村 悠、鈴木義則、平川経晃、富田直人、加藤雅之、新井文子. ギルテリチニブで寛解を維持した FLT3-ITD 変異陽性難治性急性前骨髄球性白血病. 第17回日本血液学会関東甲信越地方会. 2022年7月16日(口頭)
    4. 4) 齊藤 美緑, 熊木 優喜, 吉森 真由美, 大橋 彩香, 米瀬 一朗, 澤田 めぐみ, 西尾 美和子, 新井 文子. 慢性活動性EBウイルス感染症における血清中EBV抗体価の検討. 第35回ヘルペスウイルス研究会, 2022年7月23日(口頭)
    5. 5) 上村悠、神野正敏、大橋彩香、今留謙一、大島久美、小島尚美、清水則夫、新井文子. HLA半合致同種造血幹細胞移植症後のHuman herpesvirus 7型脳症. 第35回ヘルペスウイルス研究会, 2022年7月23日(口頭)
    6. 6) Ayaka Ohashi, Morito Kurata, Ayako Arai. The Effects of BCL2 Inhibitors on Chronic Active EBV Infections, an Intractable T- or NK-cell Lymphoid Neoplasm(EBV陽性T, NK細胞腫瘍、慢性活動性EBV感染症に対するBCL2阻害剤の効果). 第81回日本癌学会学術総会, 2022年9月29日(ポスター)
    7. 7) Yu Uemura, Masahide Yamamoto, Masataka Ishimura, Hirokazu Kanegane, Akihisa Sawada, Akihiro Hirakawa, Ken-Ichi Imadome, Mayumi Yoshimori, Norio Shimizu, Ryuji Koike, Ayako Arai. Phase II study of a JAK1/2 inhibitor ruxolitinib for chronic active Epstein-Barr virus infection(慢性活動性EBウイルス感染症 を対象としたJAK1/2阻害薬ルキソリチニブ 第II相試験), 第84回日本血液学会学術集会, 2022年10月16日(口頭)
    8. 8) 齊藤美緑, 熊木優喜, 吉森真由美, 大橋彩香, 米瀬一朗, 澤田めぐみ, 西尾美和子, 新井文子. 慢性活動性EBウイルス感染症 における血清中抗EBV抗体価の検討(Serum anti-Epstein-Barr virus antibody titers in chronic active Epstein-Barr virus infection), 第84回日本血液学会学術集会, 2022年10月16日(口頭)
    9. 9) Ayaka Ohashi, Yusuke Saiki, Ken Shimizu, Marie Ohbuchi, Norio Shimizu, Kazuo Yudo, Morito Kurata, Mayumi Yoshimori, Miwako Nishio, Ayako Arai. BCL2 and BCL-xL inhibitors combat both tumor and inflammation of chronic active EBV infection(BCL2及びBCL-xL阻害剤は慢性活動性EBV感染症の腫瘍・炎症の両側面に有効である), 第84回日本血液学会学術集会, 2022年10月17日(ポスター)
    10. 10) 小杉成樹, 神野正敏, 佐野文明, 井上靖之. Successful treatment of high-grade B-cell lymphoma with PV before HLA-haploidentical transplantation(Polatuzumab vedotin(PV)を含む治療が奏功し血縁者間 HLA 半合致移植を施 行した高悪性度B細胞リンパ腫), 第84回日本血液学会学術集会, 2022年10月17日(ポスター)